Macro

財務省、国債発行戦略を擁護 - 低金利維持に向けた定期的・予測可能な対応

By Athena Xu

7/11, 10:41 EDT
S&P 500
iShares 20+ Year Treasury Bond ETF
iShares 7-10 Year Treasury Bond ETF
article-main-img

主なポイント

  • 財務省のジョシュ・フロスト氏は発行戦略を擁護し、低コストの借入を確保するための定期的で予測可能な実践を強調しています。
  • 共和党からの批判では、イェレン財務長官のチームが政治的利益のために債券販売を操作したと主張していますが、フロスト氏はこれらは軽微な戦略的調整にすぎないと反論しています。
  • 短期国債の割合を「ショック吸収材」とすることは、厳格なガイドラインに違反するものではなく、過去の慣行に沿ったものです。

財務省の発行戦略が厳しい scrutiny の対象に

米国財務省のデbt発行アプローチが集中的な検証の的となっており、金融市場担当次官補のジョシュ・フロスト氏がこの懸念に対処するためにマネー・マーケッター向けの講演を行う予定です。木曜夕方に予定されているフロスト氏の発言は、バイデン政権が長年の発行慣行から逸脱したという主張に反論することを目的としています。「長期的に最低コストで借入を行うという戦略の一環として、我々は定期的かつ予測可能な方法で証券を発行しています」とフロスト氏は述べ、最近の批判にもかかわらず、財務省の使命の継続性を強調しました。

フロスト氏の講演の背景には、共和党やマーケット参加者から、イェレン財務長官のチームが債券販売を誤って扱ったという非難があります。キー・スクエア・グループのスコット・ベッセント氏は、昨年11月の長期国債販売増加ペースの鈍化は、大統領選挙前の経済活性化のための政治的な動機によるものだと示唆しました。元世界銀行総裁のデイビッド・マラパス氏は、この戦略により短期借入に依存する中小企業が締め出されたと主張しました。

フロスト氏はこれらの主張を否定し、長期債販売の鈍化は「ショック吸収材」としての短期国債の過去の活用実績に沿った軽微な調整にすぎないと説明しました。「定期的かつ予測可能な発行」とは、新しい情報や状況に直面した際にも、財務省が固定観念に捉われずに対応することを意味すると述べました。

市場の反応と入札パフォーマンス

財務省市場は、特に米国の借入需要の高さに対する懸念を受けて大きな変動を見せています。2022年8月から9月にかけて国債利回りが急騰したのはこの懸念が一因です。11月には、3年物、10年物、30年物国債の四半期リファイナンス枠が1,140億ドルから1,120億ドルに若干減額されました。フロスト氏は、10年物、20年物、30年物証券の追加発行ペースの鈍化は約1%の変更にすぎず、定期的かつ予測可能な枠組みの中での控えめな調整だと説明しました。

最近の入札パフォーマンスは堅調で、390億ドルの10年物再発行入札も良好な結果が期待されています。6月以降の9件の利付債入札のうち7件が落札利回りを下回っています。投資家sentiment の改善と、ポジショニングデータの長建玉増加から、国債に対する強い需要が示唆されています。ウェルズ・ファーゴのボンド戦略チームは、再発行月の平均に比べ、7月の最終投資家需要が高く、ディーラーの落札シェアが低かったと指摘しています。

誤解の解消と歴史的背景

フロスト氏の講演は、財務省の発行戦略に関する誤解を解消することを目的としています。同氏は、長期的に最低コストで借入を行うという財務省の使命に沿った一貫した取り組みであると強調しました。透明性と予測可能性のある発行パターンを維持するという方針は1970年代から存在しており、幅広い投資家層の確保と流動性の促進に寄与してきました。この手法により、国債は投資家や他の発行体にとってのグローバル・ベンチマークとしての役割を果たしてきました。

また、フロスト氏は国債残高に占める短期国債の割合上昇にも言及し、イェレン長官チームがガイドラインに違反したという考えを反論しました。この15%~20%のレンジは目安にすぎず、厳格な基準ではないと説明しました。1980年以降、短期国債の割合は大きく変動してきており、借入需要の増減に対するショック吸収材として機能してきたと述べました。さらに、財務省借入諮問委員会(TBAC)も、15%~20%のレンジに戻る前は、より長期的な平均22.4%の範囲で推移することに問題ないと表明していたと付け加えました。

市場関係者の見方

  • スコット・ベッセント、キー・スクエア・グループ(財務省の債券発行戦略に悲観的)

    「昨年11月の長期国債販売増加ペースの鈍化は、大統領選挙前の経済活性化を目的としたものだった」

  • デイビッド・マラパス、元世界銀行総裁(短期国債発行に悲観的)

    「短期国債への依存を高めたことで、短期借入に頼る中小企業が締め出されてしまった」

経営陣のコメント

  • ジョシュ・フロスト、米財務省金融市場担当次官補:

    「長期的に最低コストで借入を行うという使命の一環として、我々は定期的かつ予測可能な方法で証券を発行しています。この使命は数十年にわたって存在しており、私たちはその目標から決して目を逸らすことはありません」
    「定期的かつ予測可能な発行」とは、新しい情報や状況に直面した際にも、財務省が固定観念に捉われずに対応することを意味します」
    「このような控えめな調整こそが、定期的かつ予測可能な枠組みが求めるものです。これは規範から外れたものではありません。これは構造的な需要の見通しと借入需要の見直しに基づいて行われたものです」