Tech

テスラ、ロボタクシー発表を10月に延期…株価8%急落

By Jack Wilson

7/11, 12:40 EDT
Tesla, Inc.
article-main-img

主なポイント

  • テスラは10月にロボタクシーの発表を延期し、4月2日以来最大の8%の intraday 株価下落を引き起こした。
  • この延期により、11日連続の株価上昇が終了し、テスラの時価総額が2,570億ドル増加した。
  • 課題はあるものの、テスラの自動運転技術とフル・セルフ・ドライビング機能への投資家の関心は依然として高い。

ロボタクシー発表の延期

テスラ社は、関係者の情報によると、待望のロボタクシープロジェクトの発表を10月に延期することを決めた。当初は8月8日に予定されていたが、開発チームがより多くの車両プロトタイプを製造するための追加時間を確保するためだ。この決定は社内で伝えられたが、まだ一般に公表されていない。

この延期は、ロボタクシープロジェクトに対する高い期待感が続き、11日連続の株価上昇につながり、テスラの時価総額が2,570億ドル増加した後のことである。しかし、この延期の知らせにより、木曜日の取引時間中にテスラ株が8%以上下落した。これは4月2日以来最大の intraday 下落幅となった。

完全自動運転タクシーサービスの構想は、少なくとも8年前にテスラのCEOイーロン・マスクが第2次「マスタープラン」を発表した際から存在している。最近ではマスク氏がモデル3よりも手頃な電気自動車の開発よりも、ロボタクシープロジェクトを優先してきた。

株価パフォーマンスへの影響

この延期の発表は、テスラ株の即座のパフォーマンスに影響を与えた。木曜日の取引では最大6.5%下落し、11日連続の上昇が終了する可能性がある。この上昇は、ロボタクシー発表への期待と、テスラの自動運転技術の広範な可能性に支えられていた。

株価の下落は、テスラの野心的なプロジェクトに関するニュースに対する市場の敏感さを示している。この延期は「評価の現実チェック」を引き起こしたと指摘されている。しかし、この setback にもかかわらず、ロボタクシープロジェクトの長期的な見通しは、交通業界を revolutionize する可能性から、投資家の関心を集め続けている。

フル・セルフ・ドライビング技術

イーロン・マスク氏は10年以上にわたり、テスラの自動運転技術の進歩について熱心に語ってきた。同社は、常に監視を必要とし、テスラ車を完全に自律走行させるものではないフル・セルフ・ドライビング(FSD)機能を販売している。にもかかわらず、マスク氏とテスラの主要エンジニアは、特に車両販売が鈍化する中で、FSDに対して楽観的になっている。

顧客は、テスラの自動運転機能への高い期待を反映して、FSD機能に数千ドルも支払っている。ロボタクシー発表の延期は、これらの期待に影響を与える可能性があるが、同社は自動運転技術の向上に尽力し続けている。

経営陣のコメント

  • テスラのCEO、イーロン・マスク:

    "完全自動運転タクシーサービスの構想は、少なくとも8年前からテスラの中で検討されてきた。"