Top Movers

コストコ、会員費値上げと好調な米国販売で株価3%上昇

Pre-Market

By Athena Xu

7/11, 06:59 EDT
Alcoa Corporation
Albemarle Corporation
Costco Wholesale Corporation
Delta Air Lines, Inc.
PepsiCo, Inc.
article-main-img

プレマーケットの主な動き

早朝の取引では、米国株式先物がわずかに下落しており、S&P 500先物は0.1%安の5,680.50ドルとなっています。投資家は6月の物価データを注目しており、これが次の重要な市場触媒となることが期待されています。S&P 500は最近、過去最高の5,600ポイントを突破するなど、堅調な市場sentiment を示しているものの、本日はわずかな調整が見られます。

  • S&P 500先物: 0.1%安、物価データを控えて慎重な姿勢
  • 主なトリガー: 6月の物価データ、S&P 500の最高値更新

セクター別のハイライト

化学
アルバマール(ALB)は、ウェルズ・ファーゴが化学セクターの2四半期展望で同社株を「同等」に格下げしたことを受け、1.7%安となっています。この格下げは、同社の短期的な業績見通しに対する慎重な見方を反映したものです。

航空
デルタ航空の第3四半期の調整後1株利益予想が市場予想を下回ったことを受け、航空株全般が売り圧力を受けています。

小売
コストコ(COST)は、2017年以来初となる年会費の値上げ計画を発表したことから3.0%高となっています。ジェファリーズはこれを同社株の好材料と指摘しています。また、コストコの米国内の既存店売上高(燃料及び為替を除く)が市場予想を上回りました。

消費財
ペプシコ(PEP)は、第2四半期の売上高が市場予想を下回り、通期業績見通しも引き下げたことから2.3%安となっています。年間利益予想は据え置いたものの、売上高の低さが嫌気されました。

注目の騰落銘柄

  • アルコア(AA): 第2四半期の調整後EBITDAが予想を上回ったことから2.7%高
  • コストコ(COST): 会費値上げ発表と米国内既存店売上高の好調を受け3.0%高
  • ペプシコ(PEP): 第2四半期売上高の低さと通期業績見通しの引き下げで2.3%安
  • アルバマール(ALB): ウェルズ・ファーゴの格下げを受け1.7%安
  • 航空株: デルタ航空の業績予想の悪さを受けて全般的に下落

キーとなる動きと所感
プレマーケットは、重要な物価データを控えて慎重な取引姿勢が見られます。コストコの会費値上げ news や好調な売上高が好感されている一方、ペプシコや航空株は業績・予想の悪さから下落圧力を受けています。アルバマールの格下げは、化学セクターの懸念材料となっています。

時価総額別の主な動き

大型株(時価総額20億ドル超)

銘柄 ティッカー 株価変動 ポイント
コストコ COST +3.0% 会費値上げ計画と米国内売上高の好調を評価
アルコア AA +2.7% 第2四半期の調整後EBITDAが予想を上回る
ペプシコ PEP -2.3% 第2四半期売上高の低さと通期業績見通しの引き下げ
アルバマール ALB -1.7% ウェルズ・ファーゴによる格下げ

中型株(時価総額50億-200億ドル)

銘柄 ティッカー 株価変動 ポイント
デルタ航空 DAL -2.0% 第3四半期の業績予想が disappointing

14日RSIによる過熱/過剰売り銘柄

過熱銘柄

銘柄 ティッカー RSI
ファラデー・フューチャー・インテリジェント・エレクトリック FFIE 97.9
ディファイアンス・シルバー DNCVF 89.2
ノババックス NVAX 88.9
ブリストウ・グループ VTOL 88.6
アードモア・シッピング ASC 88.4

過剰売り銘柄

銘柄 ティッカー RSI
セリテージ・グロース・プロパティーズ SRG 9.2
ディーロカル DLO 15.0
エボレント EVH 17.3
セレンス CRNC 17.9
パパ・ジョンズ PZZA 17.9

要約すると、プレマーケットは物価データを控えて慎重な取引姿勢となっており、小売、消費財、航空セクターの動きが注目されます。コストコの好材料と、ペプシコの課題、さらにデルタ航空の業績予想が航空株全般に与える影響にも注目が集まっています。