Tech

大手証券、エリーリリー株に1,083ドルの目標株価を設定 - 新薬「ゼプボンド」に期待

By Alex P. Chase

7/11, 08:40 EDT
Apple Inc.
Advanced Micro Devices, Inc.
Amazon.com, Inc.
Broadcom Inc.
Equinix, Inc.
Interactive Brokers Group, Inc.
Eli Lilly and Company
Microchip Technology Incorporated
NVIDIA Corporation
Ribbon Communications Inc.
Republic Services, Inc.
article-main-img

以下は、英語の記事を専門的な日本語のビジネス記事に翻訳したものです。

主なポイント

  • モルガン・スタンレーはエリー・リリーの目標株価を1,083ドルに引き上げ、Zepboundの売上予想に楽観的な見方を示しました。
  • Bank of Americaはアップルの目標株価を256ドルに引き上げ、iPhoneの更新サイクルの強さとGenAI機能に後押しされています。
  • ゴールドマン・サックスはNvidiaを買い推奨銘柄に指定し、自動運転技術での同社の可能性を強調しました。

アナリストのアップグレードとダウングレード

木曜日には、ウォール街のアナリストたちが活発に動きました。複数の有力なアップグレードとダウングレードが各セクターで行われました。モルガン・スタンレーはエリー・リリーに対するオーバーウェイトの格付けを維持し、目標株価を1,023ドルから1,083ドルに引き上げました。同社は同社のZepboundの売上予想に楽観的な見方を示し、コンセンサスを大幅に上回る見通しを示しています。「2025年のZepboundの米国売上高は約90億ドルに対し、当社の予想は約180億ドルと2倍以上になると見ており、当社の想定する価格水準よりも低い場合でも、大幅な売上増が期待できる」とモルガン・スタンレーは述べています。

ローゼンブラットはリボン・コミュニケーションズの買い推奨と5ドルの目標株価を示し、投資テーゼの改善を指摘しました。同社はまたブロードコムの買い推奨も維持し、目標株価を2,400ドルに引き上げました。「ブロードコムの12カ月目標株価を1,650ドルから2,400ドルに引き上げるのは、来週の10対1の株式分割を控えて、30倍台のPER水準を織り込んでいるためです」とローゼンブラットは述べています。

Bank of Americaはアップルの買い推奨を維持し、目標株価を230ドルから256ドルに引き上げました。同社はアップルのiPhoneの更新サイクルの強さと、GenAI機能の追加による顧客の買い替え意欲の高まりに期待しています。「アップルの目標株価を256ドル(従来230ドル)に引き上げるのは、iPhoneの更新サイクルの長期化と、GenAI機能の追加による顧客の買い替え意欲の高まりに自信を深めたためです」とBank of Americaは述べています。

AIおよびテクノロジーに注目

JPモルガンはAmazonをトップ銘柄に据え置き、AWSサミットでの同社のGenerative AIへの注力を強調しました。「予想通り、AmazonのAWS NYC サミットでは、Generative AIが主要なテーマでした。Amazonは自社のフル・スタック機能、膨大な顧客データ、セキュリティ重視のアプローチが差別化要因だと強調しました」とJPモルガンはコメントしています。

ゴールドマン・サックスはNvidiaの買い推奨を示し、同社の自動運転技術での可能性に注目しています。「結論として、我々は改善されたAI技術が業界のパフォーマンス向上に寄与すると考えていますが、完全自動運転の大規模な普及にはまだ数年かかると見ています」とゴールドマン・サックスは述べています。

みずほ証券はEquinixとデジタル・リアルティの買い推奨を示し、データセンター受益銘柄としての可能性を強調しました。「Equinixについては、安定した売上成長とAIメリットが現在の株価水準では過小評価されていると考えています。デジタル・リアルティについては、長年の業績不振から脱し、高単桁の利益成長が持続する新たな道筋が見えてきたと評価しています」とみずほ証券は述べています。

各セクターの見方は混在

トラスト証券はリパブリック・サービスを買い推奨に引き上げ、目標株価を192ドルから220ドルに引き上げました。「リパブリック・サービスを買い推奨に引き上げ、目標株価を220ドルに引き上げました」とトラスト証券は述べています。

ウェルズ・ファーゴはアドバンスト・マイクロ・デバイセズのオーバーウェイト格付けを維持し、目標株価を190ドルから205ドルに引き上げました。「AMDはヨーロッパ最大の非公開AIラボであるSilo AIを6億6500万ドルで買収すると発表しました。これは、AMDの内部オープンソースAIソフトウェア専門性と、上流機能を深化させる前向きな戦略的な動きだと捉えています」とウェルズ・ファーゴはコメントしています。

一方、モルガン・スタンレーはマイクロチップの格付けをオーバーウェイトからイコールウェイトに引き下げ、「株価が高水準にあると判断した」と述べています。

KBWはインタラクティブ・ブローカーズの格付けをアウトパフォームからマーケットパフォームに引き下げました。「過去2年間で2倍以上上昇し、年初来で50%近く上昇したことから、今後2年間の純利息収益と1株当たり利益の成長が鈍化すると見られることから、格下げに踏み切りました」とKBWは説明しています。

アナリストの見方

  • モルガン・スタンレー(エリー・リリーに対して強気):

    「2025年のZepboundの米国売上高は約90億ドルに対し、当社の予想は約180億ドルと2倍以上になると見ており、当社の想定する価格水準よりも低い場合でも、大幅な売上増が期待できる」

  • ローゼンブラット(リボン・コミュニケーションズに対して強気):

    「投資テーゼが大幅に改善したことから、リボン・コミュニケーションズを買い推奨し、目標株価を5ドルとしました」

  • ローゼンブラット(ブロードコムに対して強気):

    「ブロードコムの12カ月目標株価を1,650ドルから2,400ドルに引き上げるのは、来週の10対1の株式分割を控えて、30倍台のPER水準を織り込んでいるためです」

  • Bank of America(アップルに対して強気):

    「アップルの目標株価を256ドル(従来230ドル)に引き上げるのは、iPhoneの更新サイクルの長期化と、GenAI機能の追加による顧客の買い替え意欲の高まりに自信を深めたためです」

  • JPモルガン(Amazonに対して強気):

    「予想通り、AmazonのAWS NYC サミットでは、Generative AIが主要なテーマでした。Amazonは自社のフル・スタック機能、膨大な顧客データ、セキュリティ重視のアプローチが差別化要因だと強調しました」

  • ゴールドマン・サックス(Nvidiaに対して強気):

    「結論として、我々は改善されたAI技術が業界のパフォーマンス向上に寄与すると考えていますが、完全自動運転の大規模な普及にはまだ数年かかると見ています」

  • みずほ証券(Equinixおよびデジタル・リアルティに対して慎重ながら前向き):

    「Equinixについては、安定した売上成長とAIメリットが現在の株価水準では過小評価されていると考えています。デジタル・リアルティについては、長年の業績不振から脱し、高単桁の利益成長が持続する新たな道筋が見えてきたと評価しています」

  • トラスト証券(リパブリック・サービスに対してオーバーウェイト/強気):

    「リパブリック・サービスを買い推奨に引き上げ、目標株価を220ドルに引き上げました」

  • ウェルズ・ファーゴ(アドバンスト・マイクロ・デバイセズに対してオーバーウェイト/強気):

    「AMDはヨーロッパ最大の非公開AIラボであるSilo AIを6億6500万ドルで買収すると発表しました。これは、AMDの内部オープンソースAIソフトウェア専門性と、上流機能を深化させる前向きな戦略的な動きだと捉えています」

  • モルガン・スタンレー(マイクロチップに対してニュートラル/慎重):

    「マイクロチップの株価が高水準にあると判断した」

  • KBW(インタラクティブ・ブローカーズに対してニュートラル/慎重):

    「過去2年間で2倍以上上昇し、年初来で50%近く上昇したことから、今後2年間の純利息収益と1株当たり利益の成長が鈍化すると見られることから、格下げに踏み切りました」