Crypto

ジャンプ・トレーディング、800M SRMトークンのための$264Mローンを巡りFTXエステートを提訴

By Alex P. Chase

7/11, 03:01 EDT
Bitcoin / U.S. dollar
article-main-img

重要なポイント

  • FTXの破産財団は、Jump Tradingの800百万SRMトークンに対する2億6400万ドルの請求を争い、ローンが未開始であると主張。
  • 争点となっているSRMトークンは総供給量の80%を占め、現在の市場価値は約3セントで、2021年9月のピーク時の12.50ドルから大幅に下落。
  • FTXの破産財団はJumpの損害計算を疑問視し、Tai Mo Shanによる潜在的な詐欺的移転を示唆。

FTX破産財団 vs. Jump Trading

FTXの破産財団は現在、Jump Tradingの子会社であるTai Ho Shanと800百万Serum(SRM)トークンに関する請求を巡って法廷闘争中です。Tai Ho Shanは、FTXの姉妹会社であるAlameda Researchがこれらのトークンを提供しなかったと主張し、2億6400万ドルの損害賠償を求めています。しかし、Alamedaはローン契約が開始されなかったため、請求は無効であると主張しています。

SRMは、分散型取引所(DEX)Serumのネイティブトークンであり、かつては暗号市場で重要な資産でした。Jump Tradingは2020年にSerumに大規模な投資を行い、市場形成サービスを提供していました。DEXは2022年11月のFTXの破産後に崩壊し、内部関係者は取引所が名ばかりの分散型であり、実際の注文はFTXから出されていたと明かしました。

問題となっている800百万SRMトークンは、存在する総1億SRMの約80%を占め、現在の流通供給量372.7百万トークンを