Tech

物流大手JBハント、第3四半期決算で収益8.8%減、利益34%減も2025年までに8%増収見込み

By Alex P. Chase

7/11, 11:11 EDT
Delta Air Lines, Inc.
J.B. Hunt Transport Services, Inc.
Tesla, Inc.
The Communication Services Select Sector SPDR Fund
article-main-img

以下は、英語の記事を日本語の専門的なビジネス記事に翻訳したものです。

主なポイント

  • JBハントの第3四半期の売上高は8.8%減、利益は34%減と、貨物輸送セクターの経済的な圧迫を反映しています。
  • 景気後退にもかかわらず、JBハントの株価はS&P 500に比べて割安水準にあり、2025年までに8%の売上高増加が見込まれています。
  • 「ストラングル・スワップ」のオプション取引が提案されており、7月までにJBハントの株価が145ドル~165ドルの範囲内で推移することを見込んでいます。

JBハントの最近の業績

北米最大級の物流企業の1つであるJBハント・トランスポート・サービシーズは、最近、財務パフォーマンスの悪化を報告しました。本社をアーカンソー州ローエルに置くこの企業は、複合輸送、第三者物流(3PL)、一般トラック輸送、最終配送など、さまざまなサービスを提供しています。経済の健全性を示す指標とされる貨物輸送業界は、JBハントの最新の四半期業績に反映されているように、圧迫を受けています。

最近報告された四半期では、JBハントの売上高が前年同期比8.8%減、利益が34%減となりました。この減少は、同業他社の最近の動向でも指摘されているように、実体経済の全般的な弱さを反映しています。アナリストは、インフレ調整前でも、JBハントの2024年の利益が前年を下回ると予想しています。同社の株価も影響を受け、業績予想の未達と株価の下落により、株価が下落しています。

市場評価と取引戦略

最近の業績悪化にもかかわらず、JBハントにも明るい材料があります。同社の株価は、S&P 500に比べてわずかに割安な水準にあり、2025年の売上高が8%増加するという分析予想が当たれば、この割安度はさらに高まる可能性があります。これは投資家にとって魅力的な機会となり得ます。

JBハントに対して、「ストラングル・スワップ」と呼ばれる微妙なオプション取引が提案されています。この戦略は、長期のストラングルを購入し、短期のストラングルを売却することで資金を調達するものです。具体的には、11月15日の150ドルプットと165ドルコールを購入し、7月19日の150ドルプットと165ドルコールを売却するというものです。この取引は、株価が7月の満期までに145ドル~165ドルの範囲内で推移すれば収益が得られる見込みで、コールオプションの行使価格が高いほど最大の利益が得られます。この戦略は、短期的な技術的・基本的な圧力にもかかわらず、やや強気的なものと位置づけられています。

broader market context

JBハントの見通しには、broader marketの文脈も影響します。VIXスポットは午前中に上昇し、S&P 500が11月以来最長の連続上昇を記録する可能性がある中で、一部の投資家は9月までにベンチマークが29%下落した場合に利益を得られるヘッジを購入しています。これは、全体的に好調な市場トレンドにもかかわらず、投資家の慎重な姿勢を示しています。

関連する市場動向としては、テスラの3か月コールのスキューが2021年以来の高水準に達したことや、デルタ航空の投資家が同社の決算発表前に買い建てたコールスプレッドなど、一部の銘柄に対する強気の見方が示されています。一方で、コミュニケーションサービスセクターETF(XLC)の8月84.50ドルプットの大量取引も行われており、メタ・プラットフォームス、アルファベット、AT&Tなどの主要銘柄を含むETFが3%下落するとの見方が示されています。