Equities

ドルジェネラル、安全規制違反で12億ドルの罰金支払いで和解

By Jack Wilson

7/11, 14:52 EDT
Dollar General Corporation
article-main-img

ドル・ジェネラルの安全対策に関する合意

主なポイント

  • ドル・ジェネラルは、米国の安全規制当局との和解に合意し、1,200万ドルの罰金支払いと新たな安全対策の実施に同意しました。
  • この和解は、過去1年間で20%も株価が下落した安全問題への投資家の懸念に対処するものです。
  • 経営陣の変更では、前CEOのトッド・ベイソスが復帰し、スタッフ増強と出店ペースの鈍化に注力することになりました。

和解合意

ドル・ジェネラルは、長年にわたる店舗の安全状況をめぐる監視を受けてきた後、ついに米国の安全規制当局との包括的な和解に達しました。同社は1,200万ドルの罰金を支払い、新たな安全対策の実施、追加の安全スタッフの雇用、在庫の削減などに取り組むことになりました。この合意には、外部の専門家による危険個所の特定や抜き打ち監査の実施も含まれています。問題が48時間以内に解決されない場合、ドル・ジェネラルは1日100,000ドルの罰金、最大500,000ドルまで科される可能性があります。

労働長官のジュリー・スー氏は、「違反を繰り返し、罰金を科しても改善されないという悪循環を断ち切ることができる」と述べ、この和解の強さを強調しました。

投資家の懸念

この和解は、安全問題への対応と企業イメージへの影響を懸念してきた投資家にとって重要な一歩となります。過去12か月間、ドル・ジェネラルの株価は20%以上下落しており、S&P 500生活必需品指数の7%上昇とは対照的でした。これらの安全問題の解決により、株価に重荷となっていた投資家の懸念が和らぐことが期待されます。

ドル・ジェネラルは全米に約20,000店舗を展開する最大手の小売業者ですが、元従業員や公的記録によると、店舗の環境は汚く、劣悪、危険だと指摘されてきました。2017年以降、同社は何百件もの政府の安全検査に失敗し、落下物、感電、火災などの違反で2,500万ドル以上の罰金を科されてきました。

経営陣の変更

10月にはCEOが交代し、2015年から2022年まで務めたトッド・ベイソス氏が再び CEOに就任しました。ベイソス氏は店舗の人員増強と出店ペースの鈍化に取り組み、企業の安定化と信頼回復を目指しています。長年、人手不足と保守管理の不足が安全上の問題の要因だと指摘されてきました。

従業員らは数年にわたり、労働組合や支援団体と協力して、ドル・ジェネラルの変革を訴え続けてきました。昨年には株主が独立した安全監査を求める決議を可決するなど、企業の安全慣行への懸念が高まっていました。

経営陣のコメント

  • ジュリー・スー 労働長官:

    "この和解は非常に強力で、政府がトップダウンで企業行動を変えられることを示しています。"
    "違反を繰り返し、罰金を科しても改善されないのは本当に腹立たしい。"

  • トッド・ベイソス ドル・ジェネラルCEO:

    "企業の安定と信頼を取り戻すために、変革が必要でした。"