Analyst Insights

ソーラーエッジ、2024年の需要低迷と在庫過剰に直面も長期的な成長に期待

By Harrison Wall

7/11, 09:05 EDT
article-main-img

以下は、英語の記事を日本語の業界向けニュース記事に翻訳したものです。

主要人物

株式格付け: ニュートラル / 高リスク
修正目標株価: 31.00ドル
前回目標株価: 該当なし
株価 (2024年7月10日): 29.63ドル

ポイントサマリー

  • SolarEdgeは2024年に在庫過剰と需要低迷に直面しますが、太陽光発電とエネルギー貯蔵の長期的な成長に向けて良い位置にあります。

  • シティグループは2025年のEBITDAおよびEPS見通しに基づき、在庫削減と利益率改善を待って、ニュートラル格付けと31ドルの目標株価を設定しました。

  • 短期的な課題はありますが、SolarEdgeの製品ポートフォリオの多様性(MLPE、エネルギー貯蔵、EV部品)が将来の成長を支えます。

SolarEdgeの移行期における市場課題

シティグループの最新株式調査レポートでは、SolarEdge (SEDG.O) の戦略的ポジショニングと2024年の課題に焦点を当てています。「SEDG Note: 言うは易し、行うは難し」と題されたこのレポートは、最適化インバーター・ソリューションのリーディングプロバイダーであるSolarEdgeが、チャネル在庫の増加、低迷する需要、利益率の低下、激しい競争に直面する移行期にあると指摘しています。これらの逆風にもかかわらず、エネルギー貯蔵、EV部品、家庭用エネルギー管理などの多様な製品ラインナップにより、長期的な成長が期待できます。

ニュートラル格付けと31ドルの目標株価

シティグループはSolarEdgeに対し、ニュートラル/高リスクの格付けを与え、目標株価を31ドルに設定しました。この評価は、2025年のEBITDA見通しの14倍平均、2025年のEPS見通しの16倍、ディスカウンテッド・キャッシュ・フロー (DCF) 評価に基づいています。レポートは、SolarEdgeが今後数年間で太陽光発電、蓄電池設置、EVの成長から恩恵を受けると指摘しつつ、現在の市場環境を慎重に見る必要があると強調しています。「在庫削減と利益率改善の進捗を待つ必要がある」とアナリストは述べ、より良い参入ポイントを求めています。

在庫と利益率の圧力

目標株価と株式格付けの見直しの背景には、いくつかのマクロおよび企業固有の課題があります。チャネル在庫の増加と低迷する需要が、2024年のSolarEdgeのパフォーマンスを圧迫すると予想されます。さらに、太陽光市場での激しい競争により、同社の利益率が低下する見通しです。レポートではまた、規制の不確実性やエネルギー貯蔵およびe-モビリティへの取り組みに伴うリスクの影響にも言及しています。「2024年は同社が直面する課題(在庫の増加、需要の低迷、利益率の低下、激しい競争)のため、移行期となるでしょう」とアナリストは述べています。

戦略的成長イニシアチブ

短期的な課題にもかかわらず、SolarEdgeの長期的な成長見通しは堅調です。これは同社の多様な製品ポートフォリオと戦略的イニシアチブによるものです。SolarEdgeは世界のモジュール型電力エレクトロニクス (MLPE) 市場のトッププレーヤーであり、エネルギー貯蔵システム、EV充電器、無停電電源装置などの分野にも足場を広げています。これらのイニシアチブは、太陽光発電と蓄電池設置、EVの普及が加速する中で、成長を牽引すると期待されています。ただし、レポートは在庫削減と利益率改善の明確な進展を待つよう助言しています。

株価評価と財務見通し

シティグループがSolarEdgeの株価を31ドルと評価したのは、EBITDA、EPS、DCFの組み合わせに基づいています。DCF評価では、加重平均資本コスト (WACC) が約10%、ターミナル成長率が約3%を使用しています。平均倍率に対するプレミアムは、世界の太陽光発電設置の成長見通しと、SolarEdgeの健全な財務体質およびフリー・キャッシュ・フロー (FCF) 見通しによって正当化されています。ただし、株価の高い変動性と、太陽光発電設置の成長鈍化や規制変更などのリスクを考慮し、高リスク格付けとしています。「世界の太陽光発電設置の成長見通し、ならびにSEDGの健全な財務体質とフリー・キャッシュ・フロー見通しを考えると、平均倍率に対するプレミアムは正当化されると考えます」とアナリストは結論付けています。