Tech

アップルビジョンプロの販売が50万台の目標を達成できないとIDCが報告

By Barry Stearns

7/11, 01:25 EDT
Apple Inc.
article-main-img

重要なポイント

  • 価格が3,500ドルのAppleのVision Proヘッドセットは、四半期ごとの販売台数が10万台未満であり、今四半期には75%の減少が予想されています。
  • 重量やカスタマイズされたコンテンツの不足により、返品が相次ぎ、Appleの四半期収益にほとんど影響を与えていません。
  • Appleは来年、より安価なVision Proモデルを計画しており、販売が倍増する可能性があるものの、市場の反応は不透明です。

Vision Proの販売実績

Apple Inc.のVision Pro混合現実ヘッドセットは、価格が3,500ドルで、2月に米国で発売されて以来、販売が低調です。市場調査会社IDCによると、このデバイスはまだ四半期ごとに10万台を販売していません。今四半期には国内販売が75%減少する見込みです。これらの数字にもかかわらず、6月末の国際発売が米国市場で見られた弱さを一部相殺することが期待されています。

IDCの副社長であるフランシスコ・ジェロニモ氏は、Vision Proの成功にはコンテンツが重要であると強調しました。「Vision Proの成功は、価格に関係なく、最終的には利用可能なコンテンツに依存します」と彼は述べました。また、Appleが製品を国際市場に拡大する際には、ローカルコンテンツの必要性も指摘しました。

混合された評価と課題

AppleのVision Proに対する初期の評価は混合されています。多くのレビュアーや初期採用者はその先進技術を称賛していますが、Appleの最も忠実な顧客の一部はデバイスを返品しています。返品の主な理由としては、ヘッドセットの重量とカ