Tech

欧州委、アップルにNFCの開放を義務付け - 10年間の競争促進策

By Athena Xu

7/11, 05:44 EDT
Apple Inc.
article-main-img

主なポイント

  • アップルは、EUの競争法上の懸念に対処し、潜在的な罰金を回避するため、NFC技術を競合他社に開放することに同意しました。
  • この約束は10年間有効で、欧州の開発者がiOSアプリ内で様々なタッチ決済ソリューションを提供できるようになります。
  • この措置により、EEA(欧州経済領域)の mobile payments 市場における競争と革新が促進されると期待されています。

EUの競争法調査

EUの競争当局は、アップルのモバイル決済システムに関する4年間の調査を終え、近距離無線通信(NFC)技術の競合他社への開放を求める約束をアップルから引き出しました。欧州委員会は2020年に正式に調査を開始し、アップルペイと第三者によるNFC決済へのアクセス制限に焦点を当てていました。EU競争担当委員のマルグレーテ・ベスタゲル氏は「委員会はアップルの提案した約束を受け入れることを決定しました。これらの約束は、iPhoneのモバイル財布に関して、アップルが不当に競争を制限していた可能性があるという我々の初期の懸念に対処するものです」と述べました。

この調査は、アップルが競合するモバイル財布開発者のNFC技術アクセスを阻害することで競争を阻害しているという懸念から始まりました。EU競争当局は2年前にこの反競争的行為をアップルに対して申し立てていました。木曜日に合意に達した和解により、アップルの最終的な約束がこれらの懸念に対処し、EEA(欧州経済領域)のiOSユーザーに対して第三者開発者がNFC決済を提供できるようになります。

アップルの約束

アップルの10年間有効な約束には、欧州の開発者にNFC技術を開放することが含まれます。これにより、カーキー、クローズドループ型の交通機関、企業バッジ、ホームキー、ホテルキー、メーカーのロイヤリティ/リワード、イベントチケットなど、様々なアプリケーションでタッチ決済を提供できるようになります。この提案は、開発者の公平な競争環境を提供し、モバイル決済市場の競争を高めることを目的としています。

欧州委員会がこれらの約束を受け入れたことは、アップルのモバイル決済システムをめぐる競争上の懸念に対処する重要な一歩となります。この決定により、EEAの消費者にとって、開発者がより幅広いモバイル財布ソリューションを創造・提供する機会が生まれ、競争と革新が促進されると期待されています。

アップルへの影響

EU競争当局との和解により、アップルは調査から生じる可能性のある巨額の罰金を回避できます。NFC技術を競合他社に開放することで、アップルはEUの競争ルールに準拠し、さらなる規制上の scrutiny を軽減することを目指しています。欧州委員会が提起した懸念に対処し、モバイル決済市場での公正な競争を確保するためにこの約束を提示したことは、アップルの戦略的な判断と言えます。

アップルがNFC技術を第三者開発者に開放する決定は、欧州市場での強固な地位を維持するための戦略的な判断とも捉えられます。EUの要求に応じることで、アップルは重大な法的・財務的影響を受けることなく事業を継続できます。この決定は、アップルの評判や、EEAの規制当局および消費者との関係にも前向きな影響を及ぼすと期待されています。

経営陣のコメント

  • マルグレーテ・ベスタゲル、EU競争担当委員:

    「委員会はアップルの提案した約束を受け入れることを決定しました。これらの約束は、iPhoneのモバイル財布に関して、アップルが不当に競争を制限していた可能性があるという我々の初期の懸念に対処するものです。」