Tech

アマゾン、英国の食料品供給規範に最低順守率…最大1%の売上罰金も

By Mackenzie Crow

7/11, 08:52 EDT
Amazon.com, Inc.
article-main-img

主なポイント

  • アマゾンのUK「Groceries Supply Code of Practice」遵守スコアが47%と、14社中最低の水準に低下し、規制当局による措置の可能性がある。
  • Groceries Code Adjudicator(GCA)は、改善がなされない場合、正式な調査を開始し、アマゾンのUK売上高の最大1%の罰金を科す可能性がある。
  • 努力にもかかわらず、アマゾンは供給業者への対応において業界平均遵守率94%から大きく乖離した異端児となっている。

アマゾンの供給業者対応問題

アマゾン・ドット・コムは、英国の食料品規制当局Groceries Code Adjudicator(GCA)の監視下に置かれている。GCAの2024年度の年次調査によると、アマゾンの供給業者の半数以下しか、同社が「Groceries Supply Code of Practice(GSCOP)」を一貫して、または概ね遵守していると考えていない。アマゾンの遵守スコアは47%と、前年から12ポイント下落し、対象14社中最下位となった。対照的に、Co-opが98%の遵守率で首位に立った。

Groceries Code Adjudicator のマーク・ホワイト氏は「調査結果は、多くの供給業者がアマゾンのコード遵守を信じていないことを明確に示している。適切かつ必要であれば、アマゾンが公正かつ合法的に供給業者を扱うよう、躊躇なく正式な調査を開始する」と述べた。GSCOPでは、小売業者に対し、適時の支払い、予測誤りに対する補償、その他の公正な扱いを義務付けている。

調査と罰金の可能性

GCAはアマゾンに対し、「迅速かつ包括的な措置」を講じてコードに準拠するよう警告している。規制当局は、アマゾンが行う変更とその影響を注視し、十分であるかを判断する。アマゾンが遵守改善に失敗した場合、GCAは正式な調査を開始する可能性がある。GCAには、大手小売業者の英国売上高の最大1%の罰金を科す権限がある。

アマゾンの広報担当者は調査結果に「大変失望している」としつつ、「改善に取り組んでいる」と述べた。昨年の結果以降、原価値上げ決定の説明明確化、最低除外期間設定、請求書紛争処理の大幅アップグレードなどの改善を行ったと説明。さらに、「より迅速な財務紛争解決、中小サプライヤー向けアカウントマネジメントサポートの強化など、追加の変更を行う」と付け加えた。

業界全体の遵守状況

GCAの調査では、アマゾンを除く14社の平均遵守スコアは94%と、前年から変わらず高水準を維持した。つまり、ほとんどの小売業者がコードを順守しているものの、アマゾンの業績が際立って低いことを示している。GSCOPは、Tesco、Sainsbury's、Marks & Spencerなど、英国最大の食料品小売業者に対し、サプライヤーへの公正な扱いを義務付けている。

アマゾンは2022年からGSCOPの適用対象となっているが、遵守改善の取り組みにもかかわらず、多くのサプライヤーが依然として同社の扱いに懸念を持っているようだ。GCAによる調査開始は、アマゾンがこの問題に適切に対処できない場合、さらなる監視と罰金の可能性につながる可能性がある。

市場関係者の見方

  • マーク・ホワイト Groceries Code Adjudicator(アマゾンのサプライヤー対応に悲観的):

    「調査結果は、多くの供給業者がアマゾンのコード遵守を信じていないことを明確に示している。アマゾンが公正かつ合法的に供給業者を扱うよう、適切かつ必要であれば、躊躇なく正式な調査を開始する」