Real Estate

トム・ブレイディ、インディアンクリークの自宅に35億円の低金利ローン調達

By Tal Alexander

7/10, 14:33 EDT

以下は、英語の記事を日本語の専門的なビジネス記事に翻訳したものです。

【要点】

  • トム・ブレイディは、インディアン・クリーク・ビレッジの自身の邸宅に対して、シティズン銀行から3500万ドルの融資を受けた。これは以前のJ.P.モルガン銀行からの3500万ドルの建設ローンを置き換えるものだ。
  • 新しい融資の金利は当初5.63%と、以前の8.25%から大幅に低下している。返済は2035年8月から始まる。
  • インディアン・クリーク・ビレッジは、ジェフ・ベゾスやデイヴィッド・ゲッタなどの著名人を引き付ける高級不動産の中心地として注目されている。

【トム・ブレイディの戦略的な金融的措置】
7度のスーパーボウル優勝を果たしたトム・ブレイディは、排他的なインディアン・クリーク・ビレッジにある自身の邸宅に対して、シティズン銀行から3500万ドルの融資を受けたと報じられている。この新しい融資は、ブレイディが2023年6月に得たJ.P.モルガン銀行からの3500万ドルの建設ローンを置き換えるものだ。新しい融資は、当初金利が5.63%と、以前の8.25%から大幅に低下している。このような金融的な手法は、ブレイディが高価値の不動産投資を長期的に効率的に管理しようとしていることを示している。

【融資契約の詳細】
この融資は、物件を所有するLLCを代表してSCS Financialのウェルス・マネージャーであるブライアン・ブランチャードが締結したものだ。返済期限は2054年で、2035年8月から返済が始まり、2031年に金利が最初に変更される。ブレイディの邸宅は未だ建設中だが、ジムやカバナ、スポーツコート、書斎、プール、スパ、アウトドアキッチン、庭園、そして複数台のガレージにつながる並木道など、豪華な設備を備えている。この物件は、かつての妻ジゼル・ブンチェンとの共同購入だったが、ブレイディの高級不動産への継続的な投資を示している。

【不動産市場の全体像】
ブレイディの金融的措置は、南フロリダの不動産市場の活発な動きの中で行われている。例えば、エドガルド・デフォルトゥーナのFortune International Groupは、マイアミのOra by Casa Tuaミックスユース・コンドタワーの36百万ドルの事前開発融資を確保した。この533戸の高級アメニティ付きプロジェクトは、同地域の高級住宅に対する旺盛な需要を反映している。同様に、ジャンヌ・シーゲルのパームビーチの邸宅が閑散期にもかかわらず5160万ドルで売却されたことは、高級不動産市場の活発な取引を示している。

【高級不動産への影響】
ブレイディの融資と南フロリダの不動産取引全般は、高純資産者による戦略的な金融計画の傾向を浮き彫りにしている。ブレイディの新しい融資の有利な条件や、高級物件への大規模な投資は、長期的な高級不動産の価値に対する強い自信を示唆している。このトレンドは、ジェフ・ベゾスやデイヴィッド・ゲッタなどの著名人がインディアン・クリークに大規模な不動産投資を行っていることからも裏付けられる。