Real Estate

大手スーパー2社の合併で、テキサス州28店舗が閉鎖へ

By Doug Elli

7/10, 16:53 EDT
Albertsons Companies, Inc.
Amazon.com, Inc.
Costco Wholesale Corporation
Kroger Company
Walmart Inc.

【主なポイント】

  • クローガーとアルバートソンズの合併により、テキサス州で28店舗が閉鎖される予定で、そのうち26店舗がダラス・フォートワース(DFW)地域、2店舗がヒューストン地域にある。
  • この取引では、FTC承認を条件に、全国で579店舗がC&Sホールセール・グロサーズに売却される。
  • この閉店は、食料品小売業界の継続的な統合傾向を示しており、地域の小売景観に影響を及ぼす。

【DFWの主要食料品店の大変動】

ダラス・フォートワース(DFW)地域は、クローガーとアルバートソンズの合併に伴い、食料品店の景観に大きな変化が訪れようとしている。この240億ドルの合併取引は、規制当局の承認を待っている状況だが、その承認が得られた場合、テキサス州で28店舗の閉鎖が必要となる。そのうち26店舗がDFW地域に集中している。この閉店は、全国で579店舗を売却するより大きな再編計画の一環である。この措置は、独占禁止法上の懸念に対処し、市場の競争バランスを維持するためのものだ。

【売却計画の詳細】

売却計画には、DFWのアルバートソンズ、トム・サム、マーケット・ストリートの店舗、およびヒューストンのランドールズ2店舗が含まれる。これらの店舗はC&Sホールセール・グロサーズに売却され、C&Sは既存の給与体系と健康保険プランを維持しつつ、事業を継続する。この売却には、コロラド州の乳製品工場や6つの流通センターなどの非店舗資産も含まれる。この包括的なパッケージにより、C&Sが合併後も競争力を維持できるよう配慮されている。

【地域市場への影響】

小売業が活発なDFW市場では、食料品店の所有権が大きく再編成される。閉店があるものの、「日用品」小売スペースの総量は概ね安定すると見られる。このような安定性は、電子商取引の台頭に対して実店舗が健闘し続けるうえで重要だ。この合併は、アマゾン、ウォルマート、コストコといった大規模な非組合企業に対抗できる強力な事業体を生み出すことを目的としている。クローガーとアルバートソンズは、価格引き下げ、従業員の賃上げ、店舗環境の改善への大規模な投資を約束している。

【業界への波及効果】

この合併と売却計画は、食料品業界の継続的な統合傾向を示している。連邦取引委員会(FTC)は、競争、価格、従業員の賃金への悪影響を懸念しているが、クローガーとアルバートソンズは、この合併により競争力が高まり、消費者により良いサービスを提供できると主張している。FTCがC&Sの店舗統合能力に懐疑的な姿勢を示していることも、この取引の複雑さを示している。2015年のHaggen Holdingsへの売却失敗など、過去の事例は、このような大規模な取引の課題を浮き彫りにしている。