Real Estate

ドミノ・シュガー工場に大麻店「ゴッサム」が出店、10年リース契約を締結

By Tal Alexander

7/10, 15:03 EDT
article-main-img

主なポイント

  • Gotham大麻ディスペンサリーが、ブルックリンのドミノ・シュガー精製所で4,000平方フィートの10年リースに署名し、2店舗目の出店を実現しました。
  • ウィリアムズバーグの市場家賃は1平方フィートあたり88ドルから240ドルの範囲にありますが、Two Trees Managementは具体的な賃料を明らかにしませんでした。
  • 当初コンドミニアム開発が計画されていたドミノ・シュガー精製所は、現在クラスAのオフィススペースと独特の小売機会を備えた施設となっており、マンハッタンの景色を楽しめます。

ブルックリンでのGothamの戦略的な拡大

ブルックリンのウィリアムズバーグにあるドミノ・シュガー精製所に、ライセンスを持つ小売大麻ディスペンサリーのGothamが新しい入居者として加わります。Gothamは、東村のフラッグシップストアに続く2店舗目として、300 Kent Avenueの1階4,000平方フィートの10年リースに署名しました。この動きは、ドミノ・シュガー精製所という独特で象徴的な場所を活用し、多様な顧客層を引き付けるというGothamの戦略的な拡大を示しています。Gothamのエンジェル投資家兼リーダーであるジョアン・ウィルソンは、この立地を「夢の場所」と表現し、この開発の重要性を強調しました。

リース契約の詳細

Gothamの新しい店舗の正確な賃料は明らかにされていませんが、LoopNetのデータによると、ウィリアムズバーグの市場家賃は1平方フィートあたり88ドルから240ドルの範囲にあります。このリースは、家主と借主の両方を代表したTwo Trees Managementのボニー・キャンベル氏によって仲介されました。460,000平方フィートのガラスドームと懐かしい「ドミノ・シュガー」の看板を備えたドミノ・シュガー精製所は、マンハッタンの景色を楽しめる独特の小売環境を提供します。この特徴的な設定は、Gothamのブランド力とお客様体験を高めることが期待されています。

ブルックリンの超高級不動産市場

コンドミニアム開発から、クラスAのオフィススペースへと移行したドミノ・シュガー精製所の変化は、ブルックリンの超高級不動産市場の broader trendを反映しています。2012年に1億8500万ドルで物件を購入したTwo Trees Managementは、本社用テナントを確保するのに苦労してきました。2023年末にEquinoxが初めての入居テナントとなったことは重要な節目であり、Gothamのリースはテナントミックスの多様化につながります。小売、オフィス、レクリエーション施設を組み合わせた複合開発への移行は、ブルックリンの不動産市場の変化を示しています。

大麻小売セクターへの影響

ドミノ・シュガー精製所へのGothamの出店は、メインストリームの商業不動産への大麻小売の受け入れと統合が進んでいることを象徴しています。高プロファイルで歴史的な場所を選択したことは、このセクターの潜在力と幅広い顧客層への訴求力への自信を示しています。この動きは、競争の激しい大麻市場において、立地とブランディングの戦略的重要性も浮き彫りにしています。より多くの州で大麻が合法化されるにつれ、プライムな小売スペースに対する需要が高まり、このセクターのさらなるイノベーションと投資が促されると考えられます。

経営陣のコメント

  • Gothamのエンジェル投資家兼リーダー、ジョアン・ウィルソン:

    "まさに夢の場所でした。"